×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOPへ  >   [戻る]

ペット猫の王宮内

バプーオン

バプーオン
バイヨン寺院を南から入り、北へ抜けるとみやげ物屋さんが並ぶ。
ちょっと過ぎて左へ入り込むとバプーオンという空中参道を持つ工事中の寺院があるが、現在は空中参道中間の交差点までしか入れなかった。
三層からなるピラミッド型寺院でバイヨン寺院よりも高かったと言われるが、ずんぐりと一塊に見える。
空中とは、普通地面にベタ作りの所をこの参道は柱の上に敷石があって橋のように浮いている事による。
交差点には、地雷で足が不自由になった人が居た。


交差点を右折してあぜ道を歩いて行くとすぐにピミアナカスに着く。
あぜ道のかたわらに黄色い花を付けたつるが草に混じって有る。
大きな葉っぱのかぼちゃだ!
ここはカンボジアなんだ。

ピミアナカスの近くに木の幹から小さいいちじくのような実が沢山成っている木があった。
虫が入っていて食べられない、鳥も食べない実らしい。
この地の木はずいぶん背が高いけどなぜだろう。
幹が真っ直ぐに延びて天辺で枝分かれして樹幹を形成している。
日本では風で倒れたり、雪で折れたりしてこの半分くらいの高さにしかならない。
ここでは、台風が無いし、寒くない地震も無いらしい。
ピミアナカス

ピミアナカス
この向こう側に王宮があった。
ピミアナカスには美しい女性の姿をした神が宿っていて、王は妻と寝る前にここで過ごしたという。
ピミアナカスはアンコール・トム内では初期に建造されているために、後世に伝説が生まれたものであろう。
王宮は木造だったので今は痕跡しか無い。



象のテラス

下から見る象のテラス
王宮の東門を出るとテラスになっていて閲兵を行う場所に続く。




癩王

ライ王
赤い土のテラスに癩王の像がある。
ライ病に罹ったと言われる王の像である。

この下は古い壁面と新しい壁面の二重の彫刻壁がある。
一度崩壊した所を新たに壁を作って彫刻を施したもののようだ。
細い通路を作って両方見えるようにしてある。




お好み ; TOPへ > 戻る