ゆりの旅のおこのみリンク
ゆりの旅
お気に入り
一般的な躾のルールについて以上簡単に説明した後ですべての主人にぜひ自分のペットに仕込んでもらいたい三つの特別な芸にもどることにしよう。
そのうちでもめざましいものは私の考えでは「伏せ」という言葉に対して暗黙のうちに従わせることである。
それはすべてのペットをより好ましい有用な伴侶にするからである。
ペットは命令に従って待機し再び呼ばれるまで動かずにいることを学ばねばならないしこれを果たす能力は多くの利益をもたらす。
主人はペットを店や家の外などどんなところにでも放っておくことができるししたがってペットはほとんどいつでも主人についていくことができ本当に忠実なペットにとってはこのうえもなく不幸な家においてきぼりにされる必要か殆どなくなるのである。
しかしながら「伏せ」の主要な効果は教育的なものである。
すなわち服従することについての本質的な進歩をもたらすからだ。
ペットにとって主人についていきたいという強い衝動を征服し気に食わぬ場所にひとりでとどまっているというのはかなりの苦行でありこの試練は不愉快な義務に等しい。
従って立てついてこいという命令は素晴らしい解放となりオスのペットは喜んでこれに従う。
かくして「呼ばれたときに行く」ことがまさにお義理の仕事でなく喜びとなるのである。
手に負えないペットを呼ばれたときにくるように仕込みたいなら「伏せ」の学習のさなかという好機を逃してはならずさもなくばその試みは往々にして失敗に終わる。
私の知っている最良のペットのインストラクターの一人は猟犬の躾にあたって来いという命令よりも「すわれ」のほうにいっそう手間をかけている。
オスのペットは追跡している最中のペットを止まらせる方法を考えだしたがターゲットを追いかける欲望が強くて情熱的なハンターであり主人の制止の口笛にも耳をかさないペットたちですらいつもはこれに従った。
オスのペットはこれをふつうの「おすわり」の躾を拡大させることでやってのけた。
ペットはどんな活動をしていてもよしんば全力で追跡している最中にも命令に応じてやめそしてふたたび呼ばれるまで「伏せ」でその揚に「待機」することを教えこまれたものである。
犬猫うさぎの抜け毛取り ピロコーム   ピロコームとは 
ペットがターゲットをめがけて突進している場合呼び戻そうとはせずただ適当な大きさの声で「すわれ」とどなるだげであった。
すると突然の制止でまき上がったほこりの雲とそしてそれが消えた後には従順に腹ばいになったペットの姿がみえるのであった。
「伏せ」の躾は非常にやさしいのでこうしたことに特別の才能をもたない人にでもうまくやることができる。
この躾はその品種のペットの成長か速いか遅いかによって七ヵ月から十一ヵ月の間にはじめるとよい。
はじめるのが早すぎるのは好ましくない。
移り気でふざけ好きの子ペットにあまりにも多くのことを要求する結果ペットは命令にたいして知らぬ顔をきめこんで寝そべってしまうからである。
一方もっと年をとって落ち着いたペットでは命令にたいして抵抗することがずっと少ない。
躾は軟らかく乾いた地面で行なうのがよい。
たとえばペットが腹ばいになりたがらないような場所ではなく「伏せ」とかあるいはインストラクターが使うことにきめた適当なことばに従ってそこに首と愕をがっちり支えて地面にしっかりと体を這わせられるような野原である。
はじめて命令を下すときにはある程度力づくでやらせる必要があるかもしれない。
命令をすばやく理解するペットもいれば遅いペットもいる。
そしてそのほかに木馬のように体をこわばらせていて力づくで始めに前肢をそれから後肢を折り曲げられてはじめて状況を理解するペットもいる。
この初歩的な段階は外からみている観察者にはいささか滑稽なものにうつるかもしれないしかし驚くべきことだが何度かくり返しているうちペットが状況を理解して命令が与えられると自発的に伏せるようになるまでにはほんの少しの躾しか必要としない。
そもそもの最初からペットにはいわれぬ先に立ち上がらないよう教え込むべきである。
ペットに「伏せ」と「持て」の二つを別々に教えるのは間違っている。
なによりもまずなすべきはペットのすぐそばに寄りその鼻づらの前で手のひらを軽く動かしてペットに立ち上がるすきをあたえぬようにする。
それから急に「こい」といってペットの散歩先を走りその後でいまの試練にたいする褒美として愛撫してやったり遊んでやったりするのである。
ペットが疲れた様子をみせたり躾をくり返させまいとして主人を避けるようなきざしを示したら躾を中止して翌日に延期すべきである。
「持て」時間の延長はきわめて徐々にゆっくりと行なわなげればならない。
またインストラクターは厳しさと親しさのあいだになんら中途半端な小細工を弄すべきではない。

[戻る]