×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOPへ  >   [戻る]

ペット猫の南大門

南大門
南大門はシェムリアップから7~8Km。
アンコール・ワット西参道正面から北へ2Km足らず。
アンコール・トムの城壁内に入る一つ。
お堀を渡る通路(橋では無い)の両側には、
アンコール・ワットでは浮き彫りであった乳海攪拌の図が、彫刻となっている。
54体づつの神々と阿修羅達が蛇を引き綱として1000年も引き合い足で掻き回した。

大門は車が一台通れる広さである。
この時代は、アーチ構造が無く、上部は積み木崩しのように落ちている。
3つ頭の象が四方を支え、上には4体の仏頭がある。
象の鼻はまっすぐ下に伸びてハスの花に絡めている構図であるが、
見慣れた形で無いために分かるまでは奇異な感じを受けた。

この南大門を通過すると道はまた広くなり、直進すれば城壁の中心にあるバイヨン寺院へ到達する。

お好み ; TOPへ > 戻る