ペット猫の台湾
お好み TOPへ

ペット猫の台湾 トップ

台湾

台北へ

園山大飯店へ

中正紀念堂へ


台北付近の田園

概要
台湾の気候は海から海抜3000mを越える山までの高度差があり熱帯から寒い高山帯までの生物の変化があります。
中華料理や夜市の賑わいなど日本人にあまり違和感なく過ごせる所です。
中国内戦で国民党の蒋介石は共産党に追われ台湾に逃れ現在に至る。その時に故宮の財宝も運ばれ故宮博物院となっています。

生きながらの名木を自己の財力で自分のものにできるという満足感ーそれがある一時期、日本の支配階級の入々に盆栽が愛玩された理由のひとつであり、そうした風潮に対して、民の側から拒絶反応があったからだろう。
しかし、いまの盆栽はちがうの次の言葉はすこぶる暗示的だ。
「盆栽のよろこびはまた、一段異なった伊やさしさ"をもっている。
それは制約された炉自然"にけなげにも生きている、という感じをひとびとにいだかせるのである。
程度の差こそあれ、同じ有限のこの地上に生きて行かねばならないわたしたち入間にとって、それはまさに盆栽家のいうような人生の友である」。
盆栽の社会学は 盆栽こそ、庶民の好伴偶でなくてはならない。
なお、閑人の趣味というのは時間がかかるということだろうが、有限の時間に生きる私どもだからこそ、無限の時間におのれの夢を賭けるのである。
決して閑があるからするのではないのである。

中国の外交文書。
日本名も明記【北京・時事】沖縄県・尖閣諸島をめぐり中国政府が1950年、「尖閣諸島」という日本名を明記し、琉球(沖縄)に含まれるとの認識を示す外交文書を作成していたことが分かった。
時事通信が文書原文のコピーを入手した。
中国共産党政府が当時、尖閣諸島を中国の領土と主張せず、「琉球の一部」と認識していたことを示す中国政府の文書が発見されたのは初めて。
 尖閣諸島を「台湾の一部」と一貫して主張してきたとする中国政府の立場と矛盾することになるのは中国人にとって普通の事だが。
外交文書は「対日和約(対日講和条約)における領土部分の問題と主張に関する要綱草案」。
中華人民共和国成立の翌年に当たる50年5月15日に作成され、北京の中国外務省外交史料館に収蔵されている。
 「琉球の返還問題」の項目には、戦前から日本側の文書で尖閣諸島とほぼ同義に使われてきた「尖頭諸嶼」という日本名が登場し。
尖閣諸島を琉球の一部として論じている。
中国が尖閣諸島を呼ぶ際に古くから用いてきたとする「釣魚島」の名称は使われていなかった。
 続いて「琉球の境界画定問題」の項目で「尖閣諸島」という言葉を明記し、「尖閣諸島を台湾に組み込むべきかどうか検討の必要がある」と記している。
東京大学大学院の教授は「当時の中華人民共和国政府が『尖閣諸島は琉球の一部である』と当然のように認識していたことを証明している。
『釣魚島』が台湾の一部であるという中華人民共和国の主張の論理は崩れた」と解説している。
 領土草案の文書は中国側では現在非公開扱い。
中国側の主張と矛盾しているためとの見方が強い。
「釣魚島は固有」 それでも中国側が反論、中国外務省の華春螢副報道局長は27日の定例会見で、「尖閣諸島」と記した中国の外交文書が発見されたとの報道に関し、「状況は把握していないが、そんなものがあっても釣魚島が中国の固有の領だという原則を強調したい」と反論した。
 尖閣諸島について、中国側が「日本領」と事実上認めていたことを示す資料としては、共産党機関紙「人民日報」が1953年1月8日の資料記事で「尖閣諸島」との呼び名を掲載。
過去の中国の地図集も、尖閣諸島と中国の間に国境線が引かれている。

お好み  TOPへ戻る
犬猫うさ)の抜け毛取り ピロコーム