ペット猫のジャイプールへの道ですょん♪
TOPへ  >   [戻る]

ペット猫のジャイプールへの道ですょん♪ 

ジャイプール

砂漠のラージャスターン。
北インドの西方は砂漠となってパキスタンに続いている。

アグラからラージャスターンへの高速道路
その後、車で西へ暴走する。
西へ向かって高速道路が作られている。

次第に乾き砂漠になって行くのが分かる。
菜種と麦の延々と続く畑が、赤茶けた土と疎らに生えたアカシアや乾燥に強いのかブーゲンビレアが花を付けているように変化していく。
レンガの日干し
乾いた大地に夥しい数の何かがあります。
これは土を四角く形作って乾燥させている所です。
乾燥したところでは干すよりも水でこねるのが難しい所。


レンガ焼成窯
インドの建築資材はレンガである。
地面を掘れば赤砂岩か赤土。
赤土を焼成してレンガにして家や道路を作る。
レンガ焼成用の燃料は麦や菜種の枯れた茎の古いものです。
新しい茎は象・ラクダ・馬の飼料とします。
インドはCO2の排出がとても少なく太陽の恵みを最大限に利用しているのです。
耕地は麦と菜種が延々と続いています。
菜種から絞った油は自動車燃料となっていくのでしょうか。

山の木々は耐乾性
山は赤茶けた地肌が見えるようになりました。
赤茶けた岩の転がる山には薄っすらとアカシアが生え農耕の形跡は無くなってきた。
アフリカの写真でキリンが刺の生えたアカシアの木の枝を食べているが、ここの砂漠にもアカシアが生えている。
それに赤い花を咲かせたブーゲンビレアが多く植えられている。
ブーゲンビレアは野いばらのように地面から弓なりに生えて先の方が花になっている。

アグラからラージャスターンへの高速道路
アグラからラージャスターンへの高速道路は作成中で至るところ凸凹しています。
途中、ラクダのステッカーを貼ったトラックが何台も走っていた。
これは西方の道が途切れた後は砂漠地帯をラクダで警備に行く軍のトラックだという。
インドは軍や武器を持つが他国を攻撃した事は無く、もっぱら自衛のためだと言う。

ラクダの荷車
乾燥に耐えるのはラクダ。
ラクダの荷車が沢山通ります。
鼻の上にボンボリを飾ったラクダは鼻を高く上げてあるいています。
アグラからラージャスターンへの高速道路
この車のナンバープレートはRJ、ラージャスターンから来たのでしょう。

ジャイプールの近くは岩山に挟まれた細い道
ジャイプールの近くは岩山に挟まれた細い道となっていて天然の要衝である。


「素人鉢植え家のために」という一文の奪瀞鷲弍」漁馨塵書いている。
「鉢植えに対する最も気の利いたらしい批評は、自然にまか喰蓬跡隧栢,麦し、婁天姦す蕎となるものを、警く喝し凄の患擢遣めて、針金をからみつけ、肥料を加減して、崎形児的な生涯を込甚」レ齢るものであって、裏の歪曲これよワ甚しいものはないと言皐鋤隷ろう」「こ拠はしかし、西洋十八、九世紀のいわゆる自然主義風想が、我々に輸入されて、充分潤化されず、醇化されずに終ったものの名残りにすぎないのである。
生まのままの自然が決して、書うが如く華稲の生涯を完うしてはいないことを、この考えは見落しているのである。
たとえば、言うすべての樋物が穣子として好ましき条件の地に播かれ、好ましき粂件の下に育てられるであろうか。
或るものは石地に落ち、或るものは心なき勤物の足下に踏みにじら拠る。
'否、大多款は期待された条件に出遼わずして、闇から闇に葬られ去って、我々が美櫛名木として仰ぐ ところのものは、いわゆる七を七十倍もした淘汰の機会を潜りぬけて来て、辛うじて安住の地を見出したところのものである」「事実は厳として右のごとき場含、一粒の種子を、一本の薗を、自然のあらゆる荒々しい影響から守ワ育てる我々のいとなみは、何故に誹静されねばならないのだろう」宅樹石■所収] この能勢氏の言葉は、いわゆる愛盆家の心理をよく代弁している、といえよう。
つまり能勢氏は、鉢植えはいじめなのではない暗逆に、淘汰のきびしい自然の粂件のなかから、人の手にうつして、愛情をもって育て、美嵐名木に仕立てあげるもので、それは、むしろ、植物愛なのであるーと、反論されているのだ。

好みで; TOPへ戻る