ペット猫のデリーへ向かう道ですょん♪
TOPへ  >   [戻る]

ペット猫のデリーへ向かう道ですょん♪ 

デリーへ向かう道
デリーへ向かう道
ジャイプールからデリーへも高速道路が作られていて、飛ばしている。
この道路をラクダも通行している。
ラクダは鼻の頭にボンボンを付けてもらい、これを高くかざして歩いている。

デリーへ向かう道
アカシアの枝や木材を積んだ荷車を引いている。
アカシアの枝は家畜の飼料となる。
雨が少ないので疎らに生えたアカシアを根元から切ると砂漠になってしまうが、枝のみ切ればすぐに勢い良く伸びてきて元に戻るという。

デリーへ向かう道
走行途中橋を渡ったがここは元々川があった所だが今は涸れて石の転がる乾いた地になっていた。


ジャスミンの花
休憩所には可憐なジャスミンの生垣があった。

デリーへ向かう道
交通事故も起こる、犬は友を轢いた車を許せず轢かれた犬の傍で車に吼える。
高速道路では吼えるうちに力尽きたのか潰れ死んだ犬の近くに犬が死んでいる。
高速道路に信号の無い横断歩道が有る。シマシマの道路表示は横断歩道。

デリーへ向かう道
北上するにつれ、緑の畑が現れてきた。
今は麦と菜種の季節。
収穫後の麦わらや茎は山積みされているが飼料や燃料になる。


自然と人工のあいだはー鉢植えの芸術性とか、鉢植え界の先入たちは、伊鉢植えは芸術なりψということにみずから誇りをもって、これを愛しながら、社会にむかって特色を主張してきた。
現代の私どもも、心情駒には鉢植えを芸術として扱いたいし、また、そのほうがやり甲斐がある.しかし、伸間同士の自捜話ならいざ知らず、襤栽の芸術性を外部の人々に対して論理的に証明する段になると、なかなか、やっかいな閻題が多いのである。
ここでは、鉢植えの芸術性について、できる限りの孝察をこころみてみたい、と思う。
まず先人たちの斉葉を引用してみよう。
「鉢植えは芸術である。
この説明をむずかしく取扱えば際限がない」。
「そこで、絵画や彫刻であるが、これらのものを大づかみに造形仲.瓜術ということは、何凡も興論がなかろう。
その絵画や彫刻と同様の性質を、鉢植えがとっているならば、鉢植えもまた、造形芸術のひとつとして、鉢植えは芸術なワという主張も成立するはずである」「ラスキンは芸術に関して次のごとく述べている。
ヶおよそコピーは芸術ではないが、イミテーションは芸術である4と。

好みで; TOPへ戻る