ペット猫のサールナートですょん♪
TOPへ  >   [戻る]

ペット猫のサールナートですょん♪ 

ライオンの象

レンガ作りの遺跡は芝に埋もれるように広がり、ストゥーバ(仏塔)や寺院がある。
アショーカ王が建てた石造りの円柱の塔の基部があり、
塔の上にあったライオンの象は近くの考古学博物館にある。
ライオンの象に彫られた丸い模様はインドの国章として国旗に使われている。

ライオンの象などが展示されている考古学博物館の中は写真撮影禁止となっている。

コーギー
鹿野苑の僧院跡
サールナートは北インドの中央部に位置し、悟りを開いたブッダが始めて説法をした所であり仏教徒の聖地です。
鹿公園の中にあり、ブッダ・ガヤーで修行していた頃の五人の修行者とここで会い、悟りを始めて語ったとされる。
そして、ここで語られた教えが世界へ広まっていった。

柴犬
鹿野苑の鹿
鹿野苑にいる鹿たち。
遺跡とは別に網で仕切って森のほうに鹿が住んでいる。
玉ねぎが好きなようすで、子供達が売り歩いていた。

犬・猫のピロコーム
鹿野苑の犬
鹿野苑に鹿以外に犬もいた。
犬は道にも居たし自由に生きている。
足が長めで西の砂漠に住むハウンド系の血が入っているかもしれない。
目は優しそう。
日本に「送り狼」と言う言葉がありますが、日本狼が居た頃に狂犬病に罹った狼はとても凶暴になり人を噛みまくったと言います。
インドは狂犬病の発生している所ですが、この犬は健康そうだ。
ペットのピロコーム 鹿野苑の鳥
鹿野苑にいる鳥。
インドは鳥もいろいろな種類がいる。
芝生であそんでいる鳥。

ピロコーム詳細説明 鹿野苑のサリー
鹿野苑に遠足なのか。
サリーを着た若い女性たちが沢山見学に訪れていた。
別の所には白い服の集団もいて宗教か観光か賑わっている。

ポメラニアン 小型スピッツ
ダメーク・ストゥーバ
●サールナート 赤レンガでできたストゥーバはその塔が土に埋まっていたために破壊から免れ残った。
このストゥーバは何度も増改築されて大きくなったもので、現在も改修されている。
サリーを着た女学生が遠足に来ているダメーク・ストゥーバや仏陀が5人に説法したとされる遺跡や考古学博物館(写真禁止)など。
入り口では、握りこぶし位の顔をした石彫り様の物をこっそりと買わないかと言って来たが、博物館の中に同様の展示があるのでこれと同じ発掘物を売っているのであろう。
みやげ物店で木彫りを¥10000円で買い物。
ここは絹織物の産地でありサリーを¥13500円で買いすぐに仕立ててホテルへ届けてもらった。

芸術だ、ということになる。
たしかに、その限りにおいては、鉢植えは芸術である、といってもよいだろう。
少くとも、鉢に植えて、これを培い、花の咲くのや実の成るだけを楽しむ錐植物とは、あきらかに異なる領域のものなのである。
ー非芸術的な特質ーは鉢植えには芸術的要素がたしかにある。
しかし、たとえば、次のような笹張もある。
「芸術が独創性をもって成立するには、単に反社会的であるだけではなく、"自然弗をライバルとして、、薗然"を否定して、人工苗として見出すことである。
この芸術の反嵐然駒性格は反社会的性倍とともに、ひたすら内的感構裁現の強烈な進求によって、自然ではないもの、社会ではないものを実現しようとした。
中世芸術も、抽象芸術も、キュービズム、シュールリアリズムも同じ軌道を行くものである」。

好みで; TOPへ戻る