ペット猫のジャイプールの街ですょん♪
TOPへ  >   [戻る]

ペット猫のジャイプールの街ですょん♪ 

ジャイプール

砂漠のラージャスターン。
北インドの西方は砂漠となってパキスタンに続いている。

ジャイプールの街
ジャイプールはピンク・シティと呼ばれていて建物はピンク色をした赤砂岩やピンクの塗装をした壁で囲まれた街である。


ジャイプールのヘビ使い
かごの中のヘビを笛で踊らせるというお馴染みのショー。
チップが出そうもないとさっさと片付けてしまう要領の良さ。

ジャイプールの街
この町もたいへん混雑している。
交差点を左折してすぐに風の宮殿がある。
歩道から見上げても全体が見渡せないのでこの混雑道路を横断して中央分離帯へ行った。
ゆっくりかつ迅速に、こちらの動きが予測できるように横断すれば避けていってくれるのである。
この呼吸は犬も牛も人も心得ていて、道路で走る犬は居ない。
ジャイプールの街
足場を組んで修理中であった。
足場の材料は竹。
しなっているがそれなりに組んである。

理論的にほ理想または満点の水かけということはあり得ないわけです。
しかし現実に鉢植えの生育が良いならば、理論的に満点でなくても、実際にはこれに近い優れた技抵ということができます。
そして塙養に成功しておられる方々ほ、それぞれの用土と樹種、環境に適した水かけ方法を開発してこら拠たわけですから、類似した穣類や粒の用土を踊いたとぎ、その方法にならうのは好ましいものですが、用土が這ったりした場合、そ眈が絶対のものでないことも銘記しなければなりません。

好みで; TOPへ戻る