ペット猫のファテープル・スィークリーですょん♪
TOPへ  >   [戻る]

ペット猫のファテープル・スィークリーですょん♪ 

ファテープル・スィークリー
川から離れた地に築かれた城。




Hotel Agra Ashok
☆がこの土地の印
5:00前に起きて6:30食事を摂る。
ガイドが遅く7:00過ぎにジャイプールに向けて出発。


ファテープル・スィークリー城壁
延々と城壁が続きます
たった5年で3KmX1.5Kmの広大な城壁を築きました。


ファテープル・スィークリーの入り口
8:00 ファテーブル・シークリーを見る。
砂漠のラジャスターンへ向かう途中、アグラの南西40Kmにある城址。
3KmX1.5Kmの広大な城壁を築き。
その中央の丘に2年で宮廷を赤砂岩で築いた。

ファテープル・スィークリー
緑豊かに見える宮殿の庭
新築同然の遺跡は僅か14年で捨てられた。

孔明曰く、山上に陣を構えるべからず。
水源を断たれれば戦わずして滅びる。

ヤムナー川から離れた地では水不足で生活できなかった。

ファテープル・スィークリーの犬の親子
犬の親子がここの主か。
たまに来る客をもてなしてくれます。
ファテープル・スィークリーの犬
犬の親は結構好意的に近づいて来ます。
このような顔は狂犬病の心配はなさそう。
ファテープル・スィークリーの孔雀
孔雀のつがい。
この、左奥は広大な水溜め用地となっているが、乾いた土地です。
ファテープル・スィークリー
灼熱の太陽に焼かれて、真っ赤に燃える城です。

ファテープル・スィークリー
2年で築いた赤砂岩の宮廷はとても細かい装飾が施されています。
風雨や砂嵐の影響が少なく、風化しないで残っています。

ファテープル・スィークリー
柱には天井を支えるための装飾もきめ細かく彫られています。


鉢と大地では、条件や制約に大きな違いがあるばかりではなく、自然条作下でば、士壌はある意味で自浄作用ともいうぺき反復機能が働きますが、鉢では多くの蜴合、根の環境蝿化に迷なる進行をすることが多いわけです。
気相の減少は鉢における用土照境悪化のうち殿大のものは、粒后の瑚壊を柱因とする鼠相の減少とみるごとができます。
今も述ぺたように.自然環境のもとでは、微生物の鋤きや鯲酸ガスの飛生などによリ.土壊を膨軟にさせるという国復作用が常に働いております。
これはかなり囲くなった土地でも、例えば占畳などを敷いておいてみれぱ、少なくとも一咋徴には.それがかなリ軟らかくなっていることでも審易に知ることができます。
しかし弊トの場合は,川Lの崩壊や根の充満等によって、鉢Lが固くなる傾向は隼月の鎌過と兵に進行します。

好みで; TOPへ戻る