ペット猫のガンガー沿いの路地ですょん♪
TOPへ  >   [戻る]

ペット猫のガンガー沿いの路地ですょん♪ 

バナーラスの路地

ベナレスのガートへの路地
霊の光に包まれた街。
ガートへの路地は盛り場の裏のように狭く込み合っていて、信心するために必要なものが揃っているのでしょうか。
左右から或いは上からも霊的な感じを受ける。


ベナレスの路地
この路地は宗派が違うのだろうか、人が居ません。
狭い石畳と古さを感じさせる家が迫っています。

ベナレスの路地の像
路地には神々が参拝者を見守っている。
この像は象の顔を持つ。


ベナレスの花
神様が牛に何かさとしているようです。

ベナレスの路地の像
こちらは鐘のような物を持っています。

木彫りのある建物
木彫りのある建物は東洋的に見えます。
ガートに向かって坂道になっているのが分かります。

ベナレスの路地のお店
ベナレスの路地のお店。
ミネラルウォーターがあり、ぶら下がっているのは何でしょうか。
牛が年代を想像させてくれます。

家の中の牛
路地にも牛や犬がいますが、狭いので通行の邪魔にならないように家の中で牛が休憩していました。



路地の犬
犬は路地で寝ていると踏まれるのでしょうか。
みんな棚の上で昼寝です。

ベナレスの路地を見下ろす神々
ベナレスの路地を見下ろす神々。
ここは、心の中心地。
頭上からも見下ろしています。

シルクの生産地です。
ここでサリーを誂えるとホテルに届けてくれます。
次のタージ・マハールはサリーを着て行きます。


鉢土が固くなることは気棺の減少を意味するもので、気相が滅少すれば水の透過が悪くなり、その緒果鉢植えの根は、水不足と酸素不足という二大障轡を受けやすくなります。
そしてこのような用土の環境悪化は、申軟質団粒用土群が最も早く起こりやすい性質をもっております。
さきにこの用土群が、自然環境下では理想に近くても、鉢植えの楊合、必ずしも絶対のものといい難いと述ぺたのはこのためです。
これらの用土を使用するにあたって、富士砂、桐生砂、川砂などを混朋するのは、前述の気相滅少による障害を防ぐためのものといえます。
糧水もまた、これらの用土では気佃減少の可能性を前提に孝えなければなりません。
硬質団粒および多孔質喋は憫生砂に代表される硬跋団粒や、庸丘砂に代表される多孔欧礫は、粗孔隙と毛慨孔隙の両醤をもつうえ、粒rの瑚壊がなく、これらが永くその形態を止めることができるため、朋トとしての理学的[物理的冒性質は最畠好ましいものといえます。
しかしこれらの用土郡も、化学反応や微量要素の舎有などで欠ける面があり、多くの場合その理学的性質を生かして、中軟質団紋用土(主として赤玉)との混合材として用いられています。

好みで; TOPへ戻る