ペット猫のアンベール城への道ですょん♪
TOPへ  >   [戻る]

ペット猫のアンベール城への道ですょん♪ 

ジャイガール要塞
アンベール城の傍にある要塞。
ジャイプールは町そのものが城壁で守られていて、アンベール城は強固な要塞となっている。
平和を望んだこの国は、滅びることなく現在に至っている。


アンベール城への道
アンベール城を目指して?
ラクダも車も。



アンベール城への道
象も。




アンベール城への道
穀物を運んでいるようです。


アンベール城への道
周辺の植物は、乾燥に強いブーゲンビリアが花を付けています。
自生植物はアカシアのトゲの生えた木が疎らに生えています。


アンベール城への道
野生ブタは乾燥に強い。


アンベール城への道
カゴを載せた象は観光者を乗せて登ります。
象に乗って登るようだが、以前に事故があり今は一日に3回しか働かないようにしたため遅い時間だと象は働き終了となるので乗れなくなった。

アンベール城への道
犬は昼寝中です。
砂漠を走って狩をする系統の血をひくのかすらりとした足をしています。

別の断片には・簑にたいして慕ぎ使・て牛を鋤につ寒くわし努法が指示さ沌貸いる・ハンムラビ雲紀董七・・話後のバ・ニア王]の時代から、このシュメ人の『農の匿は、鋤を用いる耕作には・この華のため特別に訓練した雄牛だけを惇つことをすすめている。

このことは・動物にたいしてある種の使役の区分けが、すでにできあがっていたことをものがたる・牛を使・て農耕する・こんにちの襞は、〒フラテス川やチグリス川沿岸の簑と同じ考えかたをも・ている・すべての雄牛、あるいはすべての雌牛は、鋤を引いたり荷車を引っぱったりするのに、同じようにすぐれてはいないということである。

簑竺組の雄牛を使・て土碧耕しているエジプトと近東の絵や、北イタリアのがけに刻まれた雄牛が荷車を引いている絵は、紀元前三〇〇〇ー二〇〇〇年代のほぼ 同時代のものである。

このことは、鋤と荷車の発明が動物の家畜化と同じように、すみやかに世界中へ広まったことを暗示している。

もちろん、これら、人間の新しい業績は、別の地域や異なった大陸で、それぞれ独立して工夫され実行されたと考えられる。

げれども、一つの明白な事実がある。

家畜を所有しているすべての種族は、自分たちが必要とするよりも多くの動物を飼っていたので、「輸出」業にのりだすことができたか、かれらの動物の群れに新しい血を入れるため、他入の動物と交換を希望したかのいずれかの理由で、若い動物の取り引きをおこなったということである。

こうして、知識と経験の交換がおこなわれ.動物による耕作の分野に大きな進歩をもたらしたにちがいない。


好みで; TOPへ戻る