ペット猫のアンベール城ですょん♪
TOPへ  >   [戻る]

ペット猫のアンベール城ですょん♪ 

アンベール城
ジャイプールから山を上り詰めた頂上にある。
水の乏しい地の山頂に築城し、室内に水が巡るようにした豊かな国の城である。

アンベール城
見る場所によって背景の建物が隠れたりするために、写真で規模の大きな城の概観をつかむのは難しい。
ディーワーネ・アーム

アンベール城
内部は風がよく通り涼しい。
ガネーシャ門
アンベール城
山上にあるために、周囲の見通しは極めて良い。

アンベール城
内装は彫刻が素晴らしい。
鏡を散りばめた装飾は七色に輝いて美しい。

アンベール城
中では今、映画を撮影していた。
インドでは踊りと歌がが多種多様で、テレビは沢山のチャンネルがある。

アンベール城
観光地には色とりどりのサリーを着た女性が見物に訪れている。
或いはラージャスターンの衣装なのか。


小石と貝殻でつくられた絵本、「ウル[バビ・ニァの古都]のスタンダード」には、シュメール人の家畜が描かれている。

それには二種類の牛、すなわち飼い馴らされたスイギュウとオーロックスに似た動物が表現されている。

また、ヒツジやヤギも見られる。

ロバ、あるいはオナガー[ペルシヤノロバ]も、縦五三センチメートル、横二三センチメートルの二枚の刻板に認められる。

これらの動物は、青銅製の輪ぶちで保護されたらしい、四つの木製車輪をもつ奇妙な形の車を引っぱっている。

車輪を発明したと信じられているシュメール入は、おそらく、動物を仕事のため挺使った最初の人間であろう。

そうだとすると、かれらは動物を食肉用に飼ったのち、つぎの段階では耕作用に発展させたにちがいない。

牛、ロバや馬ーそしてアジアの内陸では、コブ牛、ラクガやゾウ1がホモ・サピエンス[ヒト。

知恵ある人の意]の労働の仲間になったのである。


好みで; TOPへ戻る