ペット猫のタイ チェンマイのラン園
TOPへ  >   [戻る]

ペット猫のチェンマイのラン園

チェンマイのラン園
ランの国タイでは空中でランを育てていました。
花が沢山咲いています。
チェンマイのラン園
スダレのようで一寸涼しい。
ここには宮様が訪問されたようで、写真が飾ってありました。
チェンマイのラン園
網小屋の中に蝶がとんでいました。
サソリもいましたよ。
チェンマイのラン園
サソリにメッキをかけてピカピカのお土産もありました。

チェンマイのラン園
山のように咲き誇るラン

盆栽を]種の実術、一幅の活画としたところに見敵の高さがうかがえるが、当時の盆栽家たちは盆栽に絵画的趣をとくに求めていたように思われる。
こうした好みは、大正時代へとうけつがれ、言葉となってあらわれる「いったい、園芸という技術そのものが趣味の深いもので、自然に生育した植物を、庭なり、鉢なりに移して、自分の手で育てて見る、人が植物に同化し、植物が人に同化し、その思うままに、花も開かせ、実を結ぱせる、そこにほ言いしれぬ趣味が湧いてくる。
しかし、それだけでは科学の力一つでも出来る業で、人の高尚な芸術的趣味が加味されていない。

お好み  TOPへ > 戻る