ゆりの旅のおこのみリンク
ゆりの旅
お気に入り
私は細い道を下っていった。
私たちが村の揚水場を過ぎて表通りに出たとき突然ペットが二百メートルほど離れて道の中央にいるのに出くわした。
私たちはペットのいるところを通らなげればならないので衝突は避けられなかった。
村でもっとも強く恐れられているいいかえればもっとも順位の高いこの二匹のペットは心底から相手を嫌っておりそれと同時にお互いに高く評価しあってもいたので私の知っているかぎりではトラブルになったことは一度もなかった。
両者ともこの特別な出会いをひとしく敵意をもって迎えているようだった。
これまではオスのペットらはそれぞれの庭から激しく吠えたり脅しをかけたりしたが垣根があるのでのどにとびついてくることはないと両者とも確信していた。
しかし今はオスのペットらの衝動はこれまでのものとは違いいくぶん人間のそれに近くなっていたと私は解釈した。
両方のペットが以前からの脅迫を行動に移して自らの権威を守らねばならないと感じそうしないと「顔をつぶされる」のではないかと恐れていたのである。
もちろんオスのペットらは遠くからお互いを認めあいただちに誇示行動をとった。
つまり体をしゃんと伸ばし尾を真っすぐに高く上げて接近するにつれだんだん歩みを遅くしたのである。
お互いの間のひらきが15メートルかそこらになったときペットは突然ターゲットを狙うトラのように身を伏せた。
顔にはためらいや怯えの印はなかった。
輝く被毛はゴールデン・レトリーバー フラットコーテッド・レトリーバー ボーダー・コリー  猫好き家族のアメリカン・ショートヘアー  力を抜いたラグドール  誇り高きライオン シー・ズー  水着が欲しいラブラドール・レトリーバー  Land1 花 
額にも鼻にもしわをよせず耳は直立して前方を向き目はペットきく開かれていた。
ペットは人間の目にそれがどれほど威嚇的なものと見えてもペットの伏せの姿勢にはおかまいなく自分の位置でじっと身構えている相手に向かって断固として進んでいった。
するとペットがものすごい勢いで突進してきていまや二匹は脇腹を接し頭としっぽを互い違いにさしだされた尻部をそれぞれがかぎはじめた。
この臀部を故意に差し出すしぐさは自信の表現でありその自信か少しでも衰えるとすぐに尻尾が下がる。
そのような視点から尻尾の角度によってペットの勇気のほどが読みとれるのである。
二匹のペットはこの緊張した姿勢を暫くのあいだ保っていたがその後オスのペットらの落ち着いた顔にしだいに狼狽の色があらわれてきた。
顔には水平にしわがより垂直に立つていた尾は目よりもやや高い程度のところに下かっていった。
鼻にしわかよってペット歯はむき出しになった。
こうした顔の表情は明らかに険悪なものであり脅かされたり追いつめられて自己防衛を余儀なくされたペットなどにも現れるものだ。
ペットの士気とそのおかれた状況は頭部の二つの部分だけに現れる。
耳と口のはしの部分である。
耳がぴんと立って前方を向き口のはしの皮膚が下がって前に向くとペットは恐れずいかなるときでも攻撃に入る。
恐怖を表す全ての印は耳と口のはしに現れるこの表情に対応する動きでありそれはあたかも逃走を促す見えざる力のようにペットを後ずさりさせる。
脅しの態度にはうなり声が伴う。
うなり声が低いほどペットが自分の力を確信しているのである。
とはいってももちろん個々のペットの声の大きさに応じてではあるが。
犬猫うさぎの抜け毛取り ピロコーム   ピロコームとは 
生意気なテリヤは明らかに小心なセントバーナードペットより高い声でうなるのだ。
いぜん脇腹を接したままペットとペットは相手のまわりをぐるぐるまわりはじめた。
私はいつ戦闘行為がはじまるかと思ったか絶対的な力の均衡か宣戦布告の妨げとなっていた。
うなり声はますます不穏になったが何ごとも起こらなかった。
私はある漠然とした疑念をいだいていた。
最初ペットが私のほうをちらりとみたのでオスのペットらが自分たちを引き分けてメンツを賭けての戦いから解放してくれるように私に期待しているばかりでなく心底願っているのだという疑念はますます強くなった。
威信と権威を保ちたいという衝動は人間にのみ特有のものではなく高等動物においては我々人間のそれときわめて密接な関連をもっている本能的な心の深層に深く根ざしているのだ。
私は介入せずに名誉ある停戦の道を発見することはペットたちにまかせておいた。
非常にゆっくりとオスのペットらは別れ一歩一歩道の反対側に歩いていった。
おしまいにまだ目の隅でお互いを見つめながらオスのペットらは命令されたかのように同時にペットは塀に向かって後肢をあげた。
それから自己を誇示する態度を保ちつつオスのペットらはそれぞれの方向へ歩いていった。
両者ともに道義的な勝利をかち得相手を脅かしてやったことを誇りに思いながら。

[戻る]