ペット猫の チェンマイ
TOPへ  >   [戻る]

飛行機でチェンマイへ ペット猫のチェンマイ

チェンマイ
チェンマイの市街

チェンマイ


チェンマイ
オーキット・ホテルのピーハウス
ピーは仏教に関連した精霊で、良いものや悪いものが居るそうです。
ここにお供えをして祭ります。
日本ではお地蔵様が形として似ています。
チェンマイ


チェンマイ
街中のピーハウス

チェンマイ
13世紀にに築かれたランナータイ王国。
お掘りの内側のレンガ作りの塀。

チェンマイ
お掘りの傍の小道。
のんびりと散策できます。
大きな花の咲く樹木や実の成る樹木が植えてあります。
チェンマイ
お塀の内側はこんな感じです。

チェンマイ
お掘りから飛び出して乾いてしまった鎧ナマズ(プレコ)の一種。
ホテルの池のコケを食べていたのを思い出した。
チェンマイのアンブレラ・メイキング・センター
アンブレラ・メイキング・センターは綺麗な色の日傘を作っています。
タイシルクの店もあります。
盆栽となると、それが、ただ科学上の約束ばかりでなく、芸術的技術も加えられて、→種独得のものとせられるのである」「たとえば、ここに一本の松があるとする。
その大きさはわずかに一尺か、一尺五寸ほどである。
けれども、その根の張ワ具合から幹の姿勢、校の肥方などを見ると、まるで自然のままの大木のようで、しぱらくこれを見つめているうちに、たちまち、天も摩するように見え、槍を離れてただようちぎれ婁も眼に浮かべば、占色を帯びた肌には、朽ちかけた注連縄のそのままに張られてある神木の萌緒深い姿とも見え.さらにその根元には、ささやかな紅殻塗の華表(鳥屠)や、傾きかけた祠の姿まで.まのあたりに迫って来て、はとんどその境地にのぞむ思いあらしめる」。

お好み  TOPへ > 戻る