ペット猫の チェンマイ メーサ象キャンプ
TOPへ  >   [戻る]

ペット猫のチェンマイ メーサ象キャンプ

テナガザルのお迎え
小さなテナガザルが一人ブランコをしてお迎えです。

バナナを買って
バナナを買って行きます。
現地で完熟バナナは象にやるのが惜しいくらい美味しいです。
像の背中
象使いは分り合えているのです。
象の上に乗って山や川を歩きます。 山を歩く時は大きく上下に動くので落ちそう。
チェンマイ メーサ象キャンプ
頭の上に乗せてもらいました。
以外に皮膚が柔らかく、靴が痛くないかと心配。
チェンマイ メーサ象キャンプ
上から見ても高いけど、下から見ても高くみえます。

チェンマイ メーサ象キャンプ


チェンマイ メーサ象キャンプ


チェンマイ メーサ象キャンプ


チェンマイ メーサ象キャンプ
バナナをおとなしく食べてくれました。

チェンマイ メーサ象キャンプ


チェンマイ メーサ象キャンプ


チェンマイ メーサ象キャンプ
石に水を掛けているのではありません。

チェンマイ メーサ象キャンプ
黒いのは象さんの水浴びです。

チェンマイ メーサ象キャンプ


「その趣味の連鎖となって、いっそう美しく見せるのは、すなわち、絵画的趣味である。
絵画は宇宙の形熱、自然の景観を平面上に描出するものであるが、盆栽はそれを縮めた形をもってあらわしている」(大正十四年五月刊『盆栽』) 盆栽が他の園芸と異なる点を分りやすく具体灼に覗いてあますところがない。
盆栽を絵顧的趣味とのつながりにおいてとらえられているのは、前述したように、明治以米の見方の深化といえるだろう。

お好み  TOPへ > 戻る