ペット猫のタイ バンコク
TOPへ  >   [戻る]

タイ航空で ペット猫のタイ バンコク 

バンコク ワット・プラケオ
バンコクのチャオプラヤ川沿いにワット・ブラケオ、王宮、ワット・ポーが並んでいます。
ワット・プラケオ(エメラルド寺院)にはヒスイで出来たブッダが安置されています。
このエメラルド・ブッダは北インドで建造されたということです。
バンコク ワット・プラケオ
その後北インド→スリランカ→ビルマ→チェンライ→ラオス→トンブリーと戦いと共に移り変わり現在に至っています。
暑期、雨期、乾期にそれぞれ国王がみずから、この仏さまの衣装を取り替えるそうです。


バンコク ワット・プラケオ
ワット・プラケオは外壁に鏡が貼り込まれていて日光を反射し大変明るく眩しい。

バンコク ワット・プラケオ


バンコク ワット・プラケオ


バンコク ワット・プラケオ


バンコク ワット・プラケオ


バンコク ワット・プラケオ


バンコク ワット・ポー
涅槃仏寺
黄金の巨大な涅槃仏は足の裏側にも須弥山を示す模様が描かれているのです。
バンコク ワット・ポー
涅槃仏寺
タイの人々は信心深くガイドさんも50万円すると言う仏さんを首に懸けていました。
バンコク 
このような煌びやかな建物を巡っているとどこからどこへ行ったのか、分らなくなってしまいます

バンコク 


バンコク 


バンコクの道路
バンコクの大通りには国王の写真がかかっています。

盆栽には浅い鉢に植えこんだものが盆栽とは、あまりにも外形的見解である回しかし、当時、いわゆる花舟園芸品はおおむね際い錐に植えられていた事実を思うと、この定義はこうした時代的背景のもとに理解されねばならないだろう。
おそらく、明治時代中期以降においても、まだ、こうした見縣が一方にはあったにちがいない。
この点、盆栽の芸術化を意欲陶に推進した先覚者たちーたとえば、一歩すすんだ見解をしめしていた。
「いわゆる盆栽なるものは、蘭、菊、万年青、朝頃のごとき、ただ花香葉色を観賞する鉢物とは異をり、車木竹石の類を以て、天然の景致を尺寸の盆裡に趣向し、商尚の意匠に成れる一種の美術、幽雅の風趣を呈する一幅の活画として愛玩するを指すのである」。
お好み  TOPへ > 戻る